>>紹介アカデミーの資料請求はこちらから<<

電験3種は初心者でも合格することができるのか?


合格するための効率的な勉強方法は?

初心者であれば、電験3種を専門にしている通信講座のカリキュラムで勉強方法を確認することが手っ取り早いんじゃないかと思います。
資料請求(無料)はこちらからできます。

>>翔泳社アカデミーの資料請求はこちらから<<



電験3種は、合格率が10%未満の難関試験です。
電気主任技術者に選任されると会社で手当てをもらえたり、
転職の資格要件の一つだったりします。

私自身、過去問、参考書を使って独学で勉強してきましたが、
社会人になったばかりだったので、勉強する時間は比較的ありました。

勉強方法のメインは過去問。
ひたすら電験3種の過去問を解いていました。

 

今は40代です。
30歳を過ぎてから電験3種の勉強を始めるとしたら、
迷わず通信講座に申し込みます。

理由は、電気専門の勉強をしたいのではなく、資格を取りたいから。
電験3種の資格を取るための勉強をします。

目的は資格取得すること!

では、初心者は合格できるのでしょうか?

学生時代は電気を専門に勉強してきたので、専門用語に関する違和感はなかったり、計算式に関しても内容さえ理解できればスムーズに受け入れることができました。


しかし、電験3種という資格試験に関しては私も初心者でした。
原子力の仕組み、水力ダムの用語、ダイオード、法規・・・
試験範囲が広すぎましたし、専門外の分野がほとんど。


そういう意味では初心者同然だったと思います。
勉強方法としては、できるだけたくさん過去問を眺めるようにしました。

初心者だからこそ、電気全般の勉強をするのではなく、目的はあくまでも資格取得。
資格取得が目的であれば、勉強方法は自ずとカリキュラムに沿った内容になっていきます。

 


>>紹介アカデミーの資料請求はこちらから<<



名前:MASA
年齢:40代
電気設備関係の仕事に従事し、電験2種、3種、エネルギー管理士に合格しました。
「電気計算」という月刊誌を毎月購入して、電車の中で眺めていました。
独学でやってましたね。

今だったら自分の時間が少ないので、独学だと挫折します・・・

専門を極めたい方、将来の転職を考えている方は、諦めずにチャレンジして合格しましょう!
応援しています。

詳しくはプロフィールをご覧ください。
こちら


にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
BlogPeople

© 2018 電験3種 勉強方法 rss